渡邊浩滋

渡邊浩滋総合事務所 代表

税理士・司法書士

経 歴

学 歴 明治大学法学部卒業
資 格 税理士・司法書士・FP・宅地建物取引士

大学在学中に司法書士試験に合格。卒業後総合商社に入社。
法務部として契約管理、担保管理、債権回収などを担当。退職後、税理士試験に合格。

実家の賃貸経営(アパート5棟/全86室)が危機的状況であることが発覚し、立て直すために経営を引き継ぐ。節税、法人化、管理会社の変更などにより黒字化に成功。資産税専門の税理士法人に勤務後、2011年に独立開業。税理士と大家の両方の視点から賃貸経営に困っている大家さんのサポートに取り組む。

自らの事務所でしっかりとサポートができる顧問契約の最大数に近づいたと感じ始めたことと、講演・セミナーで全国の大家さんと接するうちに同じ悩みを持つ遠方の大家さんを救いたいと思い、2018年に大家さん専門税理士の全国ネットワーク「Knees Bee(ニーズビー)」を設立。

Kneesという言葉に、大家さんと税理士が膝(Knee)を付き合わせ、一緒になって問題を解決するという意味と、真摯に向き合う税理士をパートナーとして迎えたいという思いを込める。

執筆業、セミナー、賃貸住宅フェアなど講演も多数。

Profile Picture

大野晃男

渡邊浩滋総合事務所 副所長

税理士・ファイナンシャルプランナー

経 歴

学 歴 中央大学商学部
資 格 税理士・FP

大家さん専門税理士 渡邊浩滋総合事務所副所長。資格専門学校の簿記講師を経て税理士法人に勤務。

その後、自動車部品製造会社の経理として働く。そこで社長から「税理士は過去の数字をまとめるだけで使いものにならない、経営のことが何もわかっていない。

経営とは未来を見ることだ。特にキャッシュフローが重要で、いつ、いくら必要だから、いつまでにどのくらい借入が必要かといった数字が見えないと意味がない」と言われ、今のままでは経営者のお役に立てないと気がつく。

大家さんへの提案や事業計画の作成を中心に行っている渡邊浩滋総合事務所に入所。

実家がサラリーマン大家さんをやっていたが、管理会社まかせにしていたため、空室も多く、借金返済だけで家計がひっぱく。最終的に二束三文で売却してしまった状況をみて、自分と同じような状況になる大家さんを少しでも減らしたいと思い、大家さん専門税理士としてセミナーや執筆活動も行う。

Profile Picture